philosophy of SOUND

 かつて、4:33という無音の音楽作品を作曲したジョンケージは

「作曲家は、耳を傾け始める。つまり私たちは皆音の中に、音に囲まれている」

という言葉をインタビューの中で残しています。

 都市やウェブ上で巨大な生き物のように肥大化していく音の洪水に晒され、与えられることのみを享受し、それを享楽として受け入れてしまう停止した精神。そうして、聴くという姿勢すらをも失いつつある現代に生きる人々の耳へ向けて、もう一度

 

「能動的に、美的に”聴く”ことへの回帰」

 

それを促す音作りを標榜し、私はHitsuji sound factory.を始めました。

 空間や場(もちろんヴァーチャル/リアルに関わらず)へ向けて、最適で美しい、

感覚を広げるような開いた音/音楽制作を行っています。

 

 

                                                                                           若狭真司

thought

John Cage, who once composed a silent musical work, 4:33, said, "The composer begins to listen. In other words, we are all in sound, surrounded by sound," he said in an interview.

The flood of sound, which is becoming bloated like a creature in the city and the web, has a suspended mind that only enjoys what it is given and accepts it as a pleasure. I started Hitsuji sound factory with the aim of creating sounds that encourage people to "return to active and aesthetic listening" to the ears of people living today, who have lost the attitude of listening.

I hope I will create sound/music that is beautiful, optimal for the space or place (whatever virtual or real), and that enhances the senses.

Shinji Wakasa

Translated with www.DeepL.com/Translator :)