Fuji Stool Exhibition

築家の藤森照信さんが設計されたウィーンにあるストークハウスと、その為にデザインされたスツールの展示にて、サウンドデザインを担当。 樹上から吊るした全天候型スピーカーからコウノトリのクラッタリングリズムをプロセッシングした音響、および当地の年間気温を周波数に変換した音響を5.1chサラウンドで構成。


Fuji Stool 展覧会 "Fuji Stool designed by Terunobu Fujimori for the Storkhouse" Produced by 3trvlrs ---------- などや代々木上原 8 Oct - 14 Nov 2021 Fri - Sun & national holidays 11:00 - 18:00 or by appointment ---------- 2011年、オーストリア・ライディング村に建設された、建築家、藤森照信氏設計のマイクロハウス「鸛庵(こうのとりあん)| Storkhouse」のために作られた"Fuji Stool"。この度、日本国内向けのファーストエディション99点を本展で先行販売します。 日常的な家具でありながら、彫刻作品的な佇まいと、土地の風土が感じられる"Fuji Stool"は、地元産の木材を使い、藤森氏のコンセプトに共感した地元の木工職人によって一つひとつ手作りで製作されています。実際にライディング村の「鸛庵」のために製作された"Fuji Stool"は、オーストリアンオークを使用、自然との繋がりがダイレクトに感じられる仕上がりになっています。 日本国内向けのファーストエディションは、国産のクリとケヤキを使い、三重県多気郡大台町の家具職人、谷藤重美が製作します。 本展では「鸛庵」を取り巻く景観や風土をイメージし、などや代々木上原の庭と内部空間を使って「Fuji Stool」の世界観を表現します。会場で実際に手にとり、座り、素材の温もりや、自然との繋がりをご体感ください。

https://ja.3trvlrs.com/